おすすめ人狼系ゲーム6選まとめ

人狼ゲーム


  • 難易度 : ★★☆☆☆
  • プレイ人数 : 8~15人くらい
  • プレイ時間 : 約30~50分

おなじみの人狼ゲームです。

市民チームと人狼チームに分かれ、人狼は自分の役柄を隠して市民に扮し、市民チームはそれらの嘘をついて潜伏している人狼を見破るゲームです!

8人~15人くらいが最も楽しめます。

ワンナイト人狼


  • 難易度 : ★☆☆☆☆
  • プレイ人数 : 3~7人
  • プレイ時間 : 約10分

上記人狼ゲームの簡易版で、3~7人までで楽しめる人狼ゲームです。

通常の人狼ゲームと違い一晩でゲームが終わるため、1ゲーム10分程度で終わります。

人狼ゲームの基本が詰まっていてお手軽なので、人狼ゲームがはじめての方などもプレイしやすいかと思います。

GM(ゲームマスター)が不要なのも魅力ですね。

ワンナイト人狼 超人Ver.


  • 難易度 : ★★☆☆☆
  • プレイ人数 : 3~7人
  • プレイ時間 : 約10分

jinroh_choujin

基本的な遊び方はワンナイト人狼と同じですが、役職が増えたワンナイト人狼といった感じです。

  • 【人狼】[人狼チーム]
    いわゆる「人狼」。
  • 【CIA】[市民チーム]
    狼とともに目覚め、狼の正体を知り、狼に疑念を抱かせる役職。
  • 【狂人】[人狼チーム]
    人狼チームに属する人間。人狼の味方してたくさん嘘をつき、市民チームを混乱させましょう。
  • 【忍者】[市民チーム]
    いわゆる「怪盗」。〈身代わりの術〉によって他の人物と入れ替わります。入れ替わられた人は、そのことを知りません。
  • 【超能力者】[市民チーム]
    いわゆる「占い師」。市民チームで、他のカードを透視することができます。

ギャングスターパラダイス


  • 難易度 : ★★★☆☆
  • プレイ人数 : 4~7人
  • プレイ時間 : 約30~40分

正体を隠しながら仲間を探し、3つある勝利条件のいずれかを達成するゲームです。

人を脅したり、奪ったりできるのがとっても楽しい!

かなりオススメですよー。

レジスタンス (アヴァロン)


  • 難易度 : ★★★☆☆
  • プレイ時間 : 約30分
  • プレイ人数 : 5~10人

レジスタンスチームとスパイチームのチーム戦です。

ミッションを3つ成功させればレジスタンスチームの勝利、逆に3つ失敗させればスパイチームの勝利となります。

スパイチームはお互いを仲間だと認識しています。

レジスタンスチームとスパイチームの読み合いがとっても楽しいです!

人狼ゲームと違って死に抜けなどがないので、ゲーム終了まで皆で楽しめるのも魅力です

お邪魔もの・お邪魔もの2


  • 難易度 : ★☆☆☆☆
  • プレイ時間 : 約30分
  • プレイ人数 : 3~10人

金塊を探して掘り進めていくゲームです。

金鉱掘りチームとお邪魔ものチームに分かれます。

金鉱掘りチームはチームで連携して金鉱を見つけます。

お邪魔ものは、お邪魔ものだと悟られないようにそれを上手く妨害します。

他の人狼系ゲームと比べてライトでわかりやすいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする